[広告]
声とことばの磯貝メソッド
ヴォイスチェックサービス

[金をかけないUstream配信] エンコードの選択

この記事は2015年6月現在かなり古い内容になっており、ほとんど役に立たないかと思いますが、一応残しておきます

エンコードとはコード化、つまり映像や音声を決まった形式のデジタルデータにすることです。コーデック(コード化方式) の種類・数値などの設定はUstream Producerの場合は、プリセットの中から選択することになります。私が選択しているのはBest SD Quality 4:3。第4回試験配信でStandard SD Quality 4:3に変えてみたのですが、やはり画像が粗くなるので戻しました。これは、録画再生時にブツブツ切れたり止まったりすることが多かったので軽くすれば良くなるかなとの判断でした。しかし、変えても切れたり止まったりが起きました。

Standard SD Quality 4:3Best SD Quality 4:3
映像コーデックH.264
画面サイズ320×240640×480
フレームレート30fps
転送レート350kbps600kbps
音声コーデックAAC
音声サンプリング周波数44.1kHz
ステレオ/モノラルステレオ

設定によって何が違うのでしょうか。
大きな画面でしっかり表示させたいのなら「画面サイズ」を大きくすればいい。カクカクせずに滑らかに表示したいなら「フレームレート」を大きくすればいい。高い音質にしたいなら「音声サンプリング周波数」を大きくすればいい。しかし、そうすればより広い回線の帯域が必要になります。また、CPUの負荷が高くなります。これは配信側で高性能のPCや回線を用意すれば解決するものでもありません。受信する側の機器や回線に能力がなければ画質・音質が落ちるどころか、まともに視聴することすら出来なくなるでしょう。

つまり、視聴して下さる方々の環境等を想定して時には妥協して最適な設定を探るべきなのでしょう。実際、私はBest SD Quality 4:3だったものをStandard SD Quality 4:3に落としています。回線の使用帯域に影響を及ぼすのは「転送レート」の選択です。ただ、この数値のうち、映像と音声の帯域の配分がよく分からないのですが。

また、数字の大小だけでなくコーデックの方式が対応しているか否かで、たとえ性能が充分でも表示されないということもあるので、配慮が必要です。

スマートフォンで視聴できるようにするには

スマートフォン(iPhone、au Android、iPadも同様)で視聴できるようにするには設定が限られてくるようです。条件は、

映像コーデック
H.264(Baseline 3.0)
音声コーデック
AAC

だそうです。

配信ソフトはUstream Producerならばどの設定でもそのままOK。Broadcasterで配信する場合は、Flash Media Live Encoder(FMLE)併用、Windowsの場合は更にAAC ENCODERというのが必要になるとのことです。


posted by rodoku_ole at 2010-12-03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金をかけないUstream配信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41950237

この記事へのトラックバック