[広告]
声とことばの磯貝メソッド
ヴォイスチェックサービス

[朗読を考える] 朗読とは

狭義の朗読の定義

「朗読」とは、「テキストを声に出して読む、表現の一形態」だと考えます。

ただし、「朗読」という言葉の使用例でいうと、この定義では上手くいかないケースもあるようです。例えば、裁判では「起訴状を朗読する」と言います。これは表現でも何でもありませんから、私の定義を基準にすると例外的な使用法と言えます。

表現と音読

表現性の有無というのが多少問題になるかもしれません。表現性の伴わないものは「朗読」と区別して「音読」と呼んでもいいかもしれません。しかし、実際は生身の人間が声に出す以上は表現性がゼロということはあり得ないでしょう。それでも区別したい人は極力表現しないように努めて「音読です」と宣言すればそれは「音読」(あるいは「音訳」)なのだと思います。

「読む」とは

そもそも、「読む」とはどういうことでしょう。私は、以下のように定義してみます。

読む
<黙読の場合>テキストの理解。「こう書かれていますよ」ということを把握する。
<読み聞かせる場合>テキストの紹介。「こう書かれていますよ」ということを伝える。
では、「読む」と似て非なるものも定義してみましょう。
語る
自分の理解していることを(纏まった文で)他者に伝える。
喋る
状況に応じて思い付くまま言葉を口に出す。
演ずる
あるキャラクターを想定して、そのキャラクターとして(そう見えるように)振舞う。

「朗読」と「語り」

朗読をやっていると「朗読と語りはどう違うんだ」と言うことがよく話題に上ります。これは、それだけ区別が難しいということを物語っています。そこで、私は思うのです。「そんな難しいものをわざわざ区別する必要があるのか」と。

どうしても区別したいなら、やっている人が主観で決めればいいのではないでしょうか。「私は読んでるつもりだから『朗読』」「私は語ってるつもりだから『語り』」と

それでも客観的に区別したいという人は、外から見て分かるスタイルの違い、たとえば「テキストを持たなければ『語り』」とか、そういう違いを明示して宣言すればいいのだと思います。
ただし、「朗読」とか「語り」とか、一般名詞を勝手に定義すると異論が出るかもしれませんので、「○○流朗読」とかの固有名詞にした方が無難かもしれません。

posted by rodoku_ole at 2010-08-20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朗読を考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40272314

この記事へのトラックバック