[広告]
声とことばの磯貝メソッド
ヴォイスチェックサービス

[自宅録音ガイド] 我が宅録システム(2010〜14年)

私の録音環境が変りました。おそらくこれが決定版になるはずです。結論から紹介しますと、デジタルレコーダーを介して録音と編集の工程を分けるというもの。機器構成は以下のとおりです。

我が宅のシステム構成

品名メーカー型名購入価格備考
マイクRODENT1-A15,800円コンデンサー
オーディオインターフェイスZOOMH4n24,000円ハンディ
レコーダー
ヘッドホンSONYMDR-CD900ST17,000円
マイクケーブル--0円NT1-A付属
マイクスタンドTAMAMS2056,500円ブーム型
ポップガード--0円NT1-A付属
合計63,300円

ざっとこんな感じです。ここに至るまでの話しを順を追ってご紹介していきます。

今までの環境

ダイナミックマイク-オーディオインターフェイス

朗読の録音をする以前にもともと所有していた機器構成です。SC-D70というのは、オーディオインターフェイス機能を持ったMIDI音源です。

旧機器構成(SM58・SC-D70)

USBコンデンサーマイク

それなりの音質で手軽にコンデンサーマイクで収録したいと思い、USB.008を購入しました。

旧機器構成(USB008)
音質には満足でしたが、上質のサンプルを録音する上でいくつかの問題がありました。

  • モニターの遅延問題
  • PCのファンの騒音

◇モニターの遅延問題

モニターの遅延はUSB.008を使う以上、対策困難でした。USB.008を改造してヘッドホンを直接つなげられるようにしようかとも思いましたが、音質低下と引替えになりそうなのでやめました。結局、USB.008は捨てて新たにコンデンサーマイクとオーディオインターフェイスを購入するしかないとの結論に達しました。ちなみに、所有しているSC-D70はファンタム給電ができないのでコンデンサーマイクは繋げられません。
この時点で候補に挙がった機器はNT1-AとX2uです。

◇PCのファンの騒音

PCのファンの騒音がなかなかすごい。これをどうするか。「気にしない」という選択肢もありましたが、マイクをはじめどんどん性能の良い環境にして行こうという流れの中で、無視できないものになっていきました。
対策としてまず考えられるのは、マイクとPCとを隔離するということです。しかし、我が家はワンルーム。隔離できる部屋はユニットバスしかありません。録音の度毎にPCをユニットバスに設置し直すのは手間が掛るし、ユニットバスにマイクを設置すると反響対策に苦労するはずです。なので、隔離案は却下です。
次に考えたのは、騒音を元から緩和しようという事です。PCの周りを吸音材で囲みました。これはかなり効果はありましたが、あまりに大きい騒音は消えはしませんでした。
ただ、マイク周辺を吸音材で囲むなどの対策はPCファン以外の騒音軽減にも効果があることが分ったので、いずれ役立てようと考えています。

結論

PCのファンの騒音をマイクが拾わないようにするには、PCを止めるしかないとの結論に達しました。つまり、PC以外の機器で録音すると言うことです。この時点で、以前から調べて目を付けていたH4nの採用が決まりました。また、最近私がライブ朗読を記録に残そうと考え始めていることも、ハンディデジタルレコーダーの採用につながりました。

新しい環境での録音・編集工程

録音

録音時にはPCの電源を落として、H4nの録音機能で録音します。ちなみに、H4nにはMTRモードというのがあり、あらかじめBGM等を別トラックに入れておいて、それに合せて声を録るということも可能です。

我が宅のシステム構成(録音時)

編集

録音が終ったらPCを立ち上げて、H4nに録音した音声データをPCに読み込み、編集します。

我が宅のシステム構成(編集時)

機器の評価

NT1-A、H4n共に素晴らしいです。H4nは内蔵マイクの性能がかなり良いです。しかし、NT1-Aを繋げるとさらに高音質で、相対的にH4nの内蔵マイクが劣って感じられました。上を知ってしまった故の不幸であって、内蔵マイクだけでも充分かもしれません。ただ、見た目の問題はあります。ごっつい機械に向って声を発するのは、私には違和感があります。


posted by rodoku_ole at 2010-06-08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅録音ガイド
この記事へのコメント
お久しぶりです。最近また録音のことを考えているので、このページが参考になりました。私も、録音の設備について下記のアドレスで公開していますのでお知らせします。
http://kotobahyogen.seesaa.net/category/6866815-1.html
Posted by 渡辺知明 at 2010年08月23日 19:48
>渡辺知明さま

そちらのページ、拝見しました。AKGのヘッドホンは実績も多くていい様ですね。構成機器のリストに入りて置きました。(上位機種ですが)
Posted by 河崎卓也 at 2010年08月24日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38817217

この記事へのトラックバック