[広告]
声とことばの磯貝メソッド
ヴォイスチェックサービス

06月22日

[自宅録音ガイド] 構成例[奮発]

図らずも全部国産です。これ以上は機器のグレードを上げるよりも、ノイズ低減などに力を注いだ方がいいかもしれません。(2016年7月)

構成例(お金持ち向け)
品名メーカー型名実勢価格備考
マイクaudio-technicaAT203516,000円コンデンサー
オーディオ
インターフェイス
TASCAMUS-36619,000円
ヘッドホンSONYMDR-CD900ST16,000円
マイクケーブル--2,000円
マイクスタンドTAMAMS2056,500円ブーム型
ポップガード--3,000円布製
合計62,500円

posted by rodoku_ole at 2009-06-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅録音ガイド

[自宅録音ガイド] 構成例[コンパクト]

机上の場所を取らないし、セッティングも楽な構成です。(2016年7月)

構成例(コンパクト)
品名メーカー型名実勢価格備考
マイクaudio-technicaAT2020USB+16,000円コンデンサー。ヘッドホン出力あり
ヘッドホンaudio-technicaATH-A500X6,500円
マイクスタンド--2,000円卓上型
ポップガード--1,500円布製
合計26,000円

posted by rodoku_ole at 2009-06-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅録音ガイド

[自宅録音ガイド] 構成例[低コスト]

低価格品ではありますが、パソコン周辺機器として販売されている機器と比べるとはるかにいい音ではないでしょうか。(2016年7月)

構成例(貧乏人向け)
品名メーカー型名実勢価格備考
マイクBEHRINGERXM85002,500円ダイナミック
オーディオインターフェイスCLASSIC PROCAI16U4,000円
ヘッドホンAKGK775,000円
マイクケーブル--500円1m
マイクスタンド--1,000円卓上型
ポップガード--1,500円布製
合計14,500円

posted by rodoku_ole at 2009-06-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅録音ガイド

06月26日

[自宅録音ガイド] ハンディーレコーダーによる録音

デジタルレコーダー、ハンディーレコーダー、ICレコーダー、PCMレコーダー、ボイスレコーダー。呼び方はいろいろありますが、ここでは据え置きでない携帯用のデジタル式の録音機を総称してハンディーレコーダーと呼びます。これまで、PCで録音するという前提で書いてきましたが、一旦ハンディーレコーダーで録音したものをPCに転送して編集するという方法も現実的かなという気がします。実際私もZOOM H4nという機器を使ってそうしていました。

この録音方式の特徴

PCによる録音と比べて以下の特徴が挙げられます。

  • スタジオ等の環境の良い場所に持ち込んで手軽に録音できる
  • 自宅以外の場所で録音した場合、編集段階で録り直しが必要になると面倒
  • 必要な機能が一台にまとまっている(自動音量調整機能などもある)
  • 練習用にも手軽に使える
  • ライブ録音もできる

どの機器を選ぶか

機器を選ぶ上での条件や大事なポイントを挙げます。

  • リニアPCM録音が可能(サンプリング周波数:44.1kHz以上*、分解能:16bit以上*、ファイル形式:wav/aiff)
    *最近は96kHz/24bitも当たり前になりつつあります。
  • 録音したファイルをPCへ転送可能(USB、SDカード、Wi-Fi等)
  • マイクの性能の良いもの。またはXLR端子で外部マイクを接続可能
    (マイクの性能はカタログデータでは判断が難しいです。概ね機器の価格帯に比例)

機器の候補

前項の条件を満たす機器を挙げてみます。(2017年6月現在)

メーカー型名実勢価格マイク方式その他
ZOOM14,000円X-Y
(単一指向性)
M-S
(単一&双指向性)
USBマイクとしても使える
23,000円X-Y
(単一指向性)
XLR入力有。
オーディオI/F機能有
27,000円X-Y
(単一指向性)
XLR入力有
マイク取替え可(M-S、ショットガン他)
TASCAM11,000円A-B
(無指向性)
16,000円X-Y
(単一指向性)
Wi-Fi通信機能
20,000円A-B
X-Y
(単一指向性)
XLR入力有
45,000円A-B
(単一指向性)
XLR入力有
Roland20,000円A-B
(無指向性)
46,000円A-B
(無指向性)
X-Y
(単一指向性)
XLR入力有
オーディオI/F機能有

マイク方式はどれがいいのか。

ステレオマイクではマイクの方式(並び方)がいくつかあります。

A-B方式
左用/右用マイクを少し距離を置いて並べます。広がり感は出やすいが、中央の音が弱くなる(いわゆる中抜け)。
X-Y方式
マイク先端を重ねてへの字型に組む。これにより中央の音がしっかりと録れる。反面、広がり感は弱い。
M-S方式
正面方向用マイク(M)と横方向用マイク(S)で分担する。広がり感を後から調整できる。

また、マイクには指向性というものがあります。おもに前面の音を拾う単一指向性、すべての方向の音を拾う無指向性などがあります。

さて、ここで重大なことをお伝えしなければなりません。実は朗読ではモノラルで充分なのです。ステレオでもいいのですが、いずれにしても中央に集まったしっかりとした音で録れている必要があります。(私は編集時にモノラルにミックスしています) 
そういう意味で一番良いのはM-S方式のマイクで録音して後でS成分を取り除く方法です。結果、モノラルで録音したのと同じになります。ただし、取り除く操作に多少の知識を要します。
次に適しているのはX-Y方式です。中央の音がしっかり録れます。
A-B方式は中央の音が弱くなりやすいので向いていません。無指向性というのも弱点です。正面の朗読者の声が録れればいいのに、余計な反響音や周辺のノイズも一緒に録れてしまう可能性が高くなります。また、位相の問題も起きやすいのです。

実際にどの程度差があるのか、A-B方式とX-Y方式を比べた動画がありましたので参考にしてください。

安定した設置

レコーダー本体のマイクを使う場合、レコーダーを朗読者の前に安定して設置する必要があります。ぐらつかないように、また、マイクが朗読者の口元に向くように設置します。そのために役に立つのがマイクスタンドや三脚です。ここで挙げた機器はすべて(たぶん)、カメラの三脚に設置できるようにネジ穴が付いています。立派なものでなくてもいいので三脚に設置しましょう。変換ネジがあればマイクスタンドにも設置できます。



(2015/7/10 「デジタルレコーダーという選択」を元に全面変更)


posted by rodoku_ole at 2009-06-26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅録音ガイド